You are currently viewing ペニス増大手術の効果と3つのデメリット!整形外科専門医が徹底解説。

ペニス増大手術の効果と3つのデメリット!整形外科専門医が徹底解説。

  • 投稿カテゴリー:陰茎増大
The following two tabs change content below.
長年のペニス治療実績と、学会での研究発表を認められた医師のみが認定される日本美容外科学会認定専門医を持つ。多くの外科医を指導する技術指導医でもある。慶応義塾大学医学部卒の医学博士。日本美容外科医師会理事。日本美容外科学会専門医で大手美容外科を経て、銀座長澤クリニック院長となる。 ▶公式サイトURL:https://www.otoko783.com/ci_clinic

男性なら一度はペニスのサイズを気にしたことがあるのではないでしょうか。

平均サイズを下回っていたり、夜の行為を満足させられなかったりすると不安になることもあるでしょう。

そういった不安を取り除くための候補の1つとして挙げることができるのが、ペニス増大手術です。

増大手術がどういったものか知らない人も多いと思いますので、ペニス増大手術の効果と3つのデメリット増大手術について具体的に解説していきます。

↘︎ あなたにベストな治療法を提案 ↙︎

ペニス増大手術の効果とは?

ペニス増大手術の効果としては以下の2つに分けることができます。

  • 【ペニスを長くする手術】
  • 【ペニスを太くする手術】


【ぺニスを長くする手術】はペニスの埋没度合いにより約2〜6cmほど引き出せます。

【ペニスを太くする手術】は太さの直径が約1〜2cmUPになります。

それぞれの効果は、個人差があります。

【ペニスを長くする手術】は勃起時の長さを変えるのではなく、通常時ペニスの下腹部への埋没を抑えることで本来の長さに戻す手術となります。

亀頭・陰茎増大手術は通常時だけでなく、勃起時も大きくなります。


また手術直後から大きくなります。

大きさ・硬さが増す

亀頭や陰茎の大きさ・硬さを増したいという場合におこなわれる方法が、亀頭増大・陰茎増大術です。

亀頭(カリ)部分や陰茎部分に増大効果を発揮する薬剤を注射器で注入することで、亀頭や陰茎の大きさや硬さが増すことを目指すという治療です。

使用される薬剤については、安全性の高いヒアルロン酸から一部薬剤が残るものがあります。

早漏が改善される

亀頭の粘膜が刺激に弱く、敏感なことによるため早漏になる場合があります。

亀頭の粘膜が敏感すぎる為、少しの刺激で射精してしまうケースです。

注射による亀頭強化・増大治療により、亀頭内部に膜を一枚はる状態になるため、粘膜が刺激に強くなります。


また亀頭が注射により大きくなることで日常こすれる面積が多くなることで刺激にも強くなっていきます。

さらに亀頭も大きくなることで女性への刺激を強め、セックスのパワーアップにつながります。

性行為時に女性の満足度が上がる

亀頭増大・陰茎増大によって、性行為時のパワーが格段にアップします。

そのことから、パートナーにしっかりと刺激を与え満足度があがり自信を得ることができます。

↘︎ あなたにベストな治療法を提案 ↙︎

ペニス増大手術のデメリット(リスク)

他の方法に比べてメリットがある増大手術ですがもちろんデメリットもあります。

これから、ペニス増大手術のデメリットを紹介していきます。

費用をかけても100%の成功は保証されない

増大手術のデメリットとして金銭面と効果の感じ方に関しては少し費用対効果として劣ってしまう場合があります。

増大手術による血行不良

増大手術自体は、成功率が低い手術ではありませんがペニス増大のための手術でペニスが血行不良(壊死)を起こしてしまうリスクがあります。

手術を受ける以上、失敗のリスクはつきものですが、デメリットとして挙げる分には十分と言えます。

治療後のダウンタイム

治療後にネックなのがダウンタイムで、術後通常の生活に戻れるまでの時間です。

治療内容により性行為が1~3週間ほど禁止や飲酒が1週間禁止などがあります。

↘︎ あなたにベストな治療法を提案 ↙︎

ペニス増大手術を推奨する人の特徴

ペニス増大手術を推奨する人の特徴は以下が挙げられます。

  • 裸の社交場で人付き合いの輪から離れてしまう
  • 入院・介護を受ける際、恥ずかしい
  • 性行為時に積極的になれない

温泉で人から見られるのが恥ずかしい

温泉や銭湯に友人や仕事仲間と行く際に、意識せずともつい確認してしまうことは少なくないかと思います。

「サイズなんて人それぞれ」という考えもあるかと思いますが、しかし人それぞれ気になることが異なります。

気になって裸の社交場が苦手になってしまうと、無意識に人付き合いの輪から離れてしまうことがあります。

自分のペニスに「太さ」と「長さ」両方がほしい

理想の太さに近づける亀頭増大術

亀頭部分にヒアルロン酸などの注入剤を注入して、ハリや大きさを増すもので治療時間はおおよそ10分程度で完了です。

以下のメリットがあげられます。

  • 亀頭がふっくらして力強くなると見た目が立派になる
  • ハリが出る分射精までの耐久性も増してパートナー女性に与える刺激も増す

特に立派なキノコ型なるカリ高は、亀頭のカリ部分を中心に大きく改造し、陰茎と亀頭の境目の高さを増してより膣内に刺激を与えられることで人気が高いです。


ペニスの長さを最大限活かす長茎術

陰茎が短いことで温泉の際に恥ずかしい思いや、挿入時に奥まで届かないことでパートナーを満足させることができないなどの理由からペニスの長さをどうにかしたいとのご相談も多くあります。

長茎術は下腹部に埋まってしまっている・埋まってしまう陰茎(海綿体)を可能な限り外へ引き出すことで本来持っている長さを活かすことができる治療です。


メスを使って埋没部からペニスを引き出す方法とメスを使わず特殊糸を使って陰茎を引き出す、切らない術式の2種類があります。

ペニスを可能な限り引き出したい方はった方法がより効果は得やすいですが、切らない術式の方は身体への負担が少ないため術後の負担を抑えることができます。

↘︎ あなたにベストな治療法を提案 ↙︎

介護や入院の時に恥ずかしい思いをしたくない

ペニス増大をするのには、見た目や性行為のUPとはまた違った理由も多々存在します。

その多くは、セックス時の用途よりも、日常生活で他人にペニスを見られる際の羞恥心に起因します。

年齢を重ねて肉体が衰えていくとはいえ男のシンボルであるペニスが小さいと思われるのは非常に苦痛と捉える方が、介護や入院の時に恥ずかしい思いをしたくないと治療を受けています。

ペニス増大手術の効果に不安な方は「銀座長澤クリニック」へ

ペニス増大手術は保険適用外の手術となります。

自由診療でお受けになる方は、効果だけではなく安全性や担当する医師の顔や経歴などの情報開示がされていることや症例数といった経験を判断基準にされる方が多いです。

また、ペニス増大手術はしっかりと効果をだすことができる治療であることも興味を持たれる理由となります。

しかし、高い金額を支払ったにもかかわらず、汚く仕上がるという結果になってしまわないためにも、担当ドクターの経験や注入法について確認し依頼する必要があります。

そのためにも、ホームページにドクターの顔写真、氏名、出身大学や資格などの経歴が記載されているクリニックを選び、診察から手術までそのドクターが担当するかを確認することが大事です。


銀座長澤クリニックでは、慶応義塾大学卒・医学博士の長澤院長がすべて担当いたします。

治療に興味のある方はこちらからお気軽にご相談ください。

↘︎ あなたにベストな治療法を提案 ↙︎