You are currently viewing 早漏(そうろう)は病院での治療を。将来の為の最適な選択。

早漏(そうろう)は病院での治療を。将来の為の最適な選択。

The following two tabs change content below.
長年のペニス治療実績と、学会での研究発表を認められた医師のみが認定される日本美容外科学会認定専門医を持つ。多くの外科医を指導する技術指導医でもある。慶応義塾大学医学部卒の医学博士。日本美容外科医師会理事。日本美容外科学会専門医で大手美容外科を経て、銀座長澤クリニック院長となる。 ▶公式サイトURL:https://www.otoko783.com/ci_clinic

早漏(そうろう)とは?

早漏(そうろう)とは「挿入して1分以内に射精してしまう状態」のことを指します。

国際性機能学会によって様々な定義がありましたが、簡単に言えば、「挿入して1分以内に射精してしまう状態」のことを指します。

国際性機能学会では、以下の3点を定義としています。

・挿入から射精までの時間が短い(1分以内)

・射精までのタイミングがコントロールできない

・早漏であることに関して苦痛を感じており、パートナーとのトラブルがある

つまり、挿入時間が1分以上であったとしても、本人やパートナーがそれを短いと考えることにより早く射精をしてしまう、ストレスを感じてしまう場合も早漏(そうろう)となります。

早漏(そうろう)は射精障害の中で最も多くの人が困っている状態であり、全世界での罹患率は30%、人数にすると7億人の人が悩んでいると言う報告があります。 また日本国内で行われたアンケート(テンガヘルスケア社調べ、2018年)では、約3.5人に1人、つまり1,300万人の人が早漏であると推定されています。

早漏の原因

早漏(そうろう)とは射精が早すぎる状態で、通常は性交中の挿入前や挿入時、挿入直後に射精が起こります。最も可能性が高い原因は、不安や心理的要因、または陰茎の皮膚が非常に敏感なことです。

早漏の原因は物理的要因と不安や心理的な原因である心理的要因があります。

陰茎の皮膚過敏が原因と専門家もいいます。望むよりも性交の頻度が低いと、さらに敏感に

なり問題を悪化させることがあります。前立腺の炎症、甲状腺の活動性亢進、または神経系の

病気が早漏を引き起こすこともありますが、病気が原因となることはまれです。

物理的要因

・包茎のため

包茎でない人は、普段の日常生活で亀頭と下着が自然にこすれて亀頭全体が刺激に強く、性交時の射精コントロールがしやすいのに対し、包茎の方は、いつも亀頭が包皮で覆われて保護されている状態のため刺激に弱く、性交時の亀頭への強い刺激によって早漏になりがちです。

また、性交時に包皮が大きく上下するため、包茎ではない人と比べると、ペニスへの刺激が強くなり、早漏の原因となります。

また、普段包茎ではない方も、余っている包皮が多い場合は、勃起時に余っている包皮が動き、女性に正確な刺激を与えられないばかりでなく、余っている包皮が原因で自分だけが気持ちよくなってしまい、早漏の原因となります。

・亀頭の刺激に弱いため

早漏の要因として包茎の次に多いのが、亀頭の粘膜が刺激に弱く、敏感なことによるためです。亀頭の粘膜が敏感すぎるため、ちょっとした刺激で射精してしまうケースです。

注射による亀頭強化(増大)治療を受けると、亀頭に膜を一枚敷き詰めたような感覚になり、粘膜が刺激に強くなり、早漏を解消できます。包茎でない方でも早漏に悩む男性にとっては非常に有効な方法です。

また、早漏の治療と同時に亀頭も大きくなるので、女性への刺激を強め、セックスのパワーアップにつながります。

・陰茎(サオ)が刺激に弱いため

亀頭の場合と同様に、陰茎自体が刺激に弱い場合も早漏の原因になります。

陰茎増大術により陰茎全体に注射材を注入されることで、陰茎全体を刺激に強くなり、早漏が改善します。

・ペニスの裏スジ(小帯)への刺激を強く感じるため

ペニスの裏スジ(小帯)への刺激を強く感じる場合は、手術で小帯を切除することで、

早漏を治療することができます。

心理的要因

心身ともに疲れ、弱っている状態。あるいは過去に性的、精神的虐待を受けたことがある。精神疾患(抑うつ、不安)の併存、失職や死別による強いストレスなどがある。

早漏のデメリット

早漏であることでデメリットとして、以下のようなことがあげられます。

・パートナーとの要因

パートナーとの性的な機能が十分でないか、健康状態に問題がある。

・対人関係の要因

パートナーとのコミュニケーションが十分にとれていない。

あるいは、性行為への欲求が一致しない。どちらかが強く求め、相手方が無理に応じている。

パートナーを満足させられない

膣性交によって女性がオーガズムに達するまでの所要時間についてのデータはないものの、

一説には20分あたりとされているようです。ちなみに、男性の場合は膣性交が始まってから

5分でオーガズムに達するとの話しです。

この性別による時間の差が性行為への欲求が一致しない、どちらかが強く求め相手方が無理に応じているに繋がりパートナーを満足させられず、セックスへの恐怖心から勃起不全(ED)になるケースがあります。

早漏の悩みには病院が最適

インターネットや雑誌などでクリームや自己流でのやり方が出ていますが、医学的根拠に基づいたクリニックでの治療が一番確実です。

 手術での治療

・包茎手術

包茎ではない人は、普段の日常生活で亀頭と下着が自然にこすれて亀頭全体が刺激に強く、性交時の射精コントロールがしやすいのに対し、包茎の方は、いつも亀頭が包皮で覆われて保護されている状態のため刺激に弱く、性交時の亀頭への強い刺激によって早漏になりがちです。

また、性交時に包皮が大きく上下するため、包茎ではない人と比べると、ペニスへの刺激が強くなり、早漏の原因となります。

また、普段包茎ではない方も、余っている包皮が多い場合は、勃起時に余っている包皮が動き、女性に正確な刺激を与えられないばかりでなく、余っている包皮が原因で自分だけが気持ちよくなってしまい、早漏の原因となります。

そのため、刺激に弱い包皮を取り除くことで早漏を改善することができます。

・亀頭が刺激に弱い

早漏の要因として包茎の次に多いのが、亀頭の粘膜が刺激に弱く、敏感なことによるためです。亀頭の粘膜が敏感すぎるため、ちょっとした刺激で射精してしまうケースです。

ヒアルロン酸注射による亀頭強化(増大)治療を受けると、亀頭に膜を一枚敷き詰めたような組織の厚みができ、粘膜が刺激に強くなることで早漏を改善できます。

包茎でない方でも早漏に悩む男性にとっては非常に有効な方法です。

また、早漏の治療と同時に亀頭が大きくなりカリ高になるので、女性への刺激を強め、セックスのパワーアップにつながります。

・陰茎(サオ)が刺激に弱いため

亀頭と同様、陰茎自体が外部からの刺激に弱い場合には早漏の原因となります。

陰茎増大術を受けることにより陰茎(サオ)全体にヒアルロン酸などが注入されることで、陰茎全体に厚みができることで刺激に強くなり、早漏が改善します。

・ペニスの裏スジ(小帯)への刺激を強く感じるため

ペニスの裏スジ(小帯)への刺激を強く感じる場合は、手術で小帯を切除することで、

早漏を治療することができます。

最近の手術は傷も目立たない?

上記の通り物理的要因による外科手術は包茎手術、亀頭・陰茎強化、小帯切除といったものがございますが、それぞれ傷跡は目立ちにくいのも特徴のひとつです。

なお、医師の技術や経験は大事ですので、どのような医師がおこなうのか(顔や経歴がわかる)がわかるところで、きちんと対応してもらえるかを考え相談されることをおすすめします。

薬の内服で治療も可能

薬物療法として(フルオキセチン、パロキセチン、セルトラリンなどの選択的セロトニン再取り込み阻害薬、またはクロミプラミンなどの三環系抗うつ薬)があります。

健康状態なども関係するため、ご希望の際は主治医にご相談をおすすめします。

早漏の手術は病院で、充実の性生活を

長年悩み続けるのであれば、確実な改善がみられるクリニックで手術を受け、自信をもって充実した性生活を送ることをおすすめいたします。

早漏の悩みはクリニックにご相談ください

薬では効果がでにくい方が多いため、早漏を手術的な方法で解決できるクリニックにご相談くだされると良いかと思います。