You are currently viewing 亀頭の成長・大きくなる方法について。亀頭が大きくならない人は必見です。

亀頭の成長・大きくなる方法について。亀頭が大きくならない人は必見です。

The following two tabs change content below.
長年のペニス治療実績と、学会での研究発表を認められた医師のみが認定される日本美容外科学会認定専門医を持つ。多くの外科医を指導する技術指導医でもある。慶応義塾大学医学部卒の医学博士。日本美容外科医師会理事。日本美容外科学会専門医で大手美容外科を経て、銀座長澤クリニック院長となる。 ▶公式サイトURL:https://www.otoko783.com/ci_clinic

亀頭を大きくしたいけど中々大きくならない。そんな方は多いのではないでしょうか?

こちらの記事では「亀頭の成長・大きくする方法」を解説します。

記事を読む事で亀頭を大きくする正しい方法を知る事ができ、亀頭の大きさについての悩みを解消できます。

亀頭の成長

亀頭の大きさにコンプレックスがあり、大きくしたいと考える男性は多いのではないでしょうか?

亀頭を含めペニスにも成長期があり、第二次性徴期に最もサイズが大きくなるといわれています。

※第二次性徴期とは人が性的に成熟し、男女の差がはっきりと現れる時期のことです。

生まれてすぐの時は、男女で性器の形以外にほとんど差は無く、この性器の形の違いを第一性徴と呼びます。

男性の第二次性徴は12歳〜14歳頃に始まり、男性は精巣から男性ホルモンが多く分泌され、

男性らしい身体に成長していきます。

男性の場合の具体的な変化としては、

・骨ばった体つきになる

・筋肉が発達する

・陰毛やわき毛が生えてくる

・喉仏が出てくる

・精通する

といった変化が表れ、この様な変化の中にペニスの成長も含まれています。

そのため、男性の第二次性徴は女性より2年ほど遅く、思春期と呼ばれる12~14歳ごろから

始まり、この時期に男性ホルモンであるテストステロンが多量に分泌され、ペニスが最も成長します。その後も多少は大きくなる可能性はあるものの、ペニスの自然成長は遅くとも身体の成長が終わる20歳くらいまでになります。

亀頭が大きくなる方法

 

亀頭や亀頭冠(カリ)を大きくする方法として、医師の元で亀頭冠(カリ)を中心にヒアルロン酸や自己脂肪を注射で注入することで亀頭を大きくする方法とインターネットや雑誌などでよく見かける増大器具やサプリメントといったものがあります。

増大器具やサプリメントは個人差があり、確実に効果が出るというものではなく自己責任のなかでおこなう方法となります。

亀頭増大手術

亀頭や亀頭冠(カリ)を大きくしたい場合に効果的な方法として、

医師の元で亀頭冠(カリ)を中心に亀頭全体にヒアルロン酸や自己脂肪を注射で注入することで亀頭や亀頭冠(カリ)を大きくすることができます。

亀頭増大は、亀頭冠(カリ)を中心に大きく・硬くする治療で、早漏防止にもなり性交時のパワーUP効果があります。また、軽度の仮性包茎の場合には、亀頭に包皮が被りにくくすることができる場合があります。

主な効果

・亀頭・亀頭冠(カリ)にハリやかたさがでることで、存在感が増します。

・カリ高にすることで注入部がかたくなり、性交時のパワーアップにつながる。

・軽度の仮性包茎の場合には、亀頭に包皮が被りにくくすることができる。

・先細りを改善、見た目のバランスが良くなる。

・カリ首の感覚が鈍くなることにより早漏防止の効果がある。

・加齢による亀頭のしぼみをハリのある状態にできる

ペニス増大サプリや矯正器具には注意

昨今、ペニス増大の方法において、食べ物やサプリメントの成分で、いかにも効果を出せるというような、体験談などを交えた非常に疑わしき広告を目にする事がありますが、

「ペニス増大サプリメント」などというものに効果・効能はありません。

ひどいものでは、「増大サプリを服用して◯◯cm大きくなった!」など、怪しいものもあります。

ペニスの矯正器具やチントレといったものも一切、医学的根拠の無い情報や方法でトラブルは自己責任となりますので、お気をつけください。

亀頭増大・ペニス(陰茎)増大サプリ

サプリで亀頭やペニス(陰茎)が大きくなるの?ということですが、

まず亀頭増大・ペニス増大サプリはおすすめできません。

あくまでもサプリメントです。

医薬ではなく、いわゆるビタミンやカルシウムなどを補給するものと同じため、

現在、医療的な論文にてサプリでペニスが増大したというような明確な根拠はありません。

広告など過剰な表現でされている物もありますし、飲まれる方は成分を調べて自己責任のうえで使用してくだい。

亀頭(カリ)・ペニス(陰茎)増大器具

雑誌やインターネットなどで目にすることもある、亀頭(カリ)・ペニス(陰茎)増大器具。

こちらはあくまでも医療ではない器具のため、結果については自己責任となります。

広告など過剰な表現でされている物もありますし、効果の理由が明確かどうか、使用することで後々に困るような弊害はないかの確認が必要です。

自己責任となるため慎重にお考えください。

ペニス増大サプリの効果はこちら>>

亀頭が大きくならない方はクリニックがおすすめ

亀頭が大きくならない方はクリニックがおすすめ

トレーニングや食事、器具やサプリを使用して亀頭が大きくなることはありません。

残念ながら、亀頭やペニスが大きくなる薬や包茎が治る薬は存在しませんが、

医学的に唯一効果が見込める方法としては、亀頭を大きくするならヒアルロン酸注入による亀頭増大といった治療にて効果を得ることができる、クリニックで治療を受けることが一番確実な方法となります。

亀頭の大きさにお悩みの人はクリニック受診へ

平均よりも亀頭の大きさにお悩みの人は男性としての自信が持てず、着替えや銭湯・温泉など

人前で見せるのが恥ずかしい、馬鹿にされるのではないかという不安が強く、コミュニケーションを持つ場を避けてしまいがちです。

亀頭の大きさにお悩みの方は、医学的根拠に基づいたクリニックでの治療が一番確実です。

医学的に唯一効果が見込める方法として、残念ながら亀頭が大きくなる薬は存在しませんが、

亀頭を大きくするならヒアルロン酸注入による亀頭増大がございます。

安全かつ確実に治したいなら、実績豊富な病院・クリニックでの治療をおすすめします。

銀座長澤クリニックでの治療に興味のある方はこちら>>