You are currently viewing 仮性包茎はテープで治せる?効果はかなり薄いのが実態…

仮性包茎はテープで治せる?効果はかなり薄いのが実態…

  • 投稿カテゴリー:包茎
The following two tabs change content below.
長年のペニス治療実績と、学会での研究発表を認められた医師のみが認定される日本美容外科学会認定専門医を持つ。多くの外科医を指導する技術指導医でもある。慶応義塾大学医学部卒の医学博士。日本美容外科医師会理事。日本美容外科学会専門医で大手美容外科を経て、銀座長澤クリニック院長となる。 ▶公式サイトURL:https://www.otoko783.com/ci_clinic
  • 仮性包茎は矯正テープで治せるのか?
  • 手術をしなくても、矯正テープで仮性包茎は治るのでは?

と思う方も多いのではないでしょうか。

効果はかなり薄いのが実情ですが、使用を考えている方へ対しトラブルが起こる前に、包茎の矯正を考えていらっしゃる方の参考になれば幸いです。

↘︎ あなたにベストな治療法を提案 ↙︎

仮性包茎用テープの効果は薄い【結論】

包茎の根本的な原因は、『包皮の余り』があるからなのです。

つまり、包茎を治したいのであれば包皮の余りを除去する以外に方法はありません。


そのため、テープなどでは余った包皮を除去することができないため包茎は改善しません。

↘︎ あなたにベストな治療法を提案 ↙︎

仮性包茎をテープで治すメリット

仮性包茎をテープで治すメリットも実はあります。

大きく分けて2つあるため、それぞれ見ていきましょう。

価格が安い

包茎手術を受けるより安く、安価で試しやすいのがメリットです。

インターネット検索するとたくさんの種類の商品があり、価格も数百円から数千円程度と購入しやすい金額で販売されています。


効果が感じられなかったとしても数千円程度の損失で済むことが試しやすい要素の一つです。

見た目が改善される

ペニスは普段、勃起時だけでなく気温など環境の変化でも多少伸縮しています。

その伸縮に合わせ包皮も伸び縮みしていますが、包皮をテープで固定する事で、包皮の伸縮性が失われることで被りが改善されます。

仮性包茎をテープで治すデメリット

仮性包茎をテープで治すデメリットも少なからず存在します。

それぞれ重要であるため、1つずつ見ていきましょう、

包皮がかぶれる

テープなどを使用することで皮膚がテープまけやテープかぶれをおこすことがあります。

いわゆる接触性皮膚炎という状態で皮膚が荒れることを指します。

包茎改善のために毎日テープなどを貼っているため炎症のリスクが高くなります。

包皮が切れてしまう

使用方法を誤ると包皮を傷つけることになり、傷から細菌が繁殖して感染症を引き

起こしてしまうケースがあります。

汗によって炎症が起きる

包茎改善のために毎日テープなどを貼っているため汗などにより、炎症が起こりやすくなります。

テープを剥がすと元に戻る

テープを剥がすときに包皮の表面の皮膚が一緒に剥がれてしまう可能性もあります。

専門用語では表皮剥離といってとても痛いです。

包皮は伸び縮みをする為に非常に柔らかくとてもデリケートです。

勃起時に痛みが生じる

ぺニスは普段、勃起だけでなく温度など環境の変化でも多少伸び縮みしています。

その伸縮に合わせ、包皮も伸び縮みしていますが包皮をテープで固定する事で、包皮の伸縮性が失われます。


そうすると包皮に無理な力がかかり、勃起時に痛みが生じます。

使用中に亀頭や包皮を傷つけた場合、出血や炎症を引き起こす危険があります。

仮性包茎はテープより「手術」での治療を推奨

包茎手術をテープで矯正するのはとても困難ですし、合併症もありリスクが高いのでお勧めできません。

その他にも医学的根拠のないサプリ、矯正器具などでの包茎の矯正も効果がないばかりか、それぞれリスクがありますので絶対にやめましょう。


はじめから包茎手術を選択されることを推奨します。

↘︎ あなたにベストな治療法を提案 ↙︎

第二次成長が過ぎて包茎なら生涯包茎

基本的に第二次成長が終わる、18歳を過ぎても包茎の方はなにもしなければ包茎のままです。

包茎を治すのであれば手術が必要となります。包茎をテープや絆創膏で矯正しようとしていた方が諦めて、手術を受ける方も多くいらっしゃいます。

矯正テープを使う上での注意点

包茎の矯正器具はすべて医学的な根拠は存在していません。

病院のホームページなどで注意喚起しているところもあります。

ですので、使用するときはすべて自己責任になります。

間違った使い方をしてしまうことによって、亀頭や包皮が傷ついて治療が必要になる可能性があります。そのほかにも皮膚が炎症をおこしたり、トラブルに発展することもあります。

小見出し:医学的根拠から解決できる

医師による専門性のある適切なアドバイス・治療が受けられるという安心や、治療経過も医師に対応してもらえるという大きな安心感があります。

担当医の経験値や術後ケアがしっかりとしたクリニックを選びましょう。

まとめ:仮性包茎テープの効果に期待するのは禁物

仮性包茎は矯正テープで治せるのかについて解説してきました。

矯正テープは医学的根拠がなく自己責任でおこなう必要があり、様々なトラブルがおこる可能性があります。

矯正テープは安価ではじめることは可能ですが、テープの効果に期待するのは禁物です。仮性包茎をしっかりと治すのであれば包茎手術を推奨します。


経験値のある医師や治療後のアフターケアをしっかりとしてくれるクリニック選びを心掛けることが大切です。

↘︎ あなたにベストな治療法を提案 ↙︎