You are currently viewing 仮性包茎は矯正リングで治せる?効果には期待しないほうがよい?

仮性包茎は矯正リングで治せる?効果には期待しないほうがよい?

  • 投稿カテゴリー:包茎
The following two tabs change content below.
長年のペニス治療実績と、学会での研究発表を認められた医師のみが認定される日本美容外科学会認定専門医を持つ。多くの外科医を指導する技術指導医でもある。慶応義塾大学医学部卒の医学博士。日本美容外科医師会理事。日本美容外科学会専門医で大手美容外科を経て、銀座長澤クリニック院長となる。 ▶公式サイトURL:https://www.otoko783.com/ci_clinic

矯正器具には、下着に装着するタイプのものや、接着剤を使用するもの、リング状になっていてペニスに装着するものなどいくつかの種類があります。

矯正器具は、包皮にむけ癖をつけることを目的としていますが、医学的な根拠がないもの・安全性に問題があるものもあるため使用には注意が必要です。


本記事では、仮性包茎が矯正器具で治せるかを説明していきます。

↘︎ あなたにベストな治療法を提案 ↙︎

仮性包茎の人が使用する矯正器具の種類

仮性包茎の矯正に用いられる専用の器具があります。インターネットで検索をすると、

包茎を矯正するための器具には、さまざまな種類があります。

その中でもとくに多いのが、以下の3種類。

  • 「リング型」
  • 「接着剤型」
  • 「下着型」

どのような仕組みで矯正を行うのか、説明していきます。

リング型

余分な包皮を陰茎の根元に集めてリングを被せることで、亀頭が露出します。

亀頭が露出した状態を維持することで、包皮が剥けている癖をつけ、包茎を解消していくことが狙いです。

しかし、歩行時やしゃがむなどの動きの際や勃起時には陰茎の位置や太さが変わるため、リングが脱落する可能性があるのが難点です。


1,000〜13,000円あたりで販売されています。

接着型

包皮に直接塗ることで余った包皮を固定し、亀頭が露出した状態を維持するタイプです。

液体のため、他の器具と比べて矯正していることがわかりにくいことと、使用時の違和感がないことがメリットです。


ただし、包皮を固定し続ける力が弱い物が多く、数時間程度で剥がれて元に戻ってしまう物が多く見受けられます。

インターネット上では2,000円前後で販売されています。

下着型

下着と矯正器具が一体となっているのが下着型です。下着を履いた状態のまま包茎を

矯正できることが特徴であり、一目では矯正していることがわかりにくい点がメリットと言えます。

ただし、矯正効果についてはあまり期待できない物が多いです。

約3,000〜8,000円で販売していることが多いようです。

仮性包茎用リングの効果は実際どうなのか?【結論】

包茎用リングは医療として認可されているものはありません。使用方法を間違うと思わぬ怪我につながることもあります。

安全性に問題がある矯正器具もあるため、安易に使用するのは避けたほうがよいかと思います。


安全、かつ確実に治したいなら、実績豊富な医師がおこなう包茎手術をおすすめします。

↘︎ あなたにベストな治療法を提案 ↙︎

仮性包茎を矯正リングで治すメリット

ペニスにメスを入れることなく安価に亀頭を露出させ続ける事ができます。

そして、プライバシーの観点から第三者に知られずインターネット通販で手軽に購入でき、着脱や手入れ等が容易にできるというメリットがあります。

価格が安いため試しやすい

包茎手術を受けるより安く、安価で試しやすいのがメリットです。

効果が感じられなかったとしても損失が少なく済むことが試しやすい要素のひとつです。

自分一人で解決できる

矯正器具はインターネットから手軽に購入することができ、自分一人で解決できます。

自己責任の範囲となります。

また、いい加減な商品もあるため、もし購入して試される場合は、慎重に見極めてから購入するようにしましょう。

仮性包茎を矯正リングで治すデメリット

矯正の器具の安全性はとても低く、安全面に対する配慮がなされていないものも多々あります。

実際に、そういったものを使ってペニスを傷つけてしまった人もいるようです。

陰茎が傷つく可能性がある

リングタイプの矯正器具は、勃起時にペニスが締めつけられて鬱血(うっけつ)してしまうケースが少なくありません。

最悪の場合は強く圧迫されて、血行障害になるケースや器具との摩擦によって炎症を起こしてしまうなどリスクは多岐に渡ります。

誰かと温泉・サウナに行く際に手間がかかる

矯正リングは見た目で装着していることを他人にわかってしまう可能性があることが挙げられます。

ビルのトイレなどで横に並んで用を足している最中に見られてしまう恐れや、温泉やサウナに入る前に矯正リングを装着していることを忘れ、そのまま入ってしまうような手痛いミスを犯す可能性があります。

リングで包茎の問題自体は解決しない

包茎の矯正器具はあくまで包皮が剥けやすいように強制的にクセづけているだけで、包皮の皮は余ったままです。

医学的根拠がないことが大前提ではあります。

いい加減な商品も多々ありますので、購入して試される場合は慎重に見極めてから購入するようにしましょう。

↘︎ あなたにベストな治療法を提案 ↙︎

仮性包茎は矯正リングより「手術」での治療を推奨

仮性包茎は病的でなく生活に支障がないため、手術の費用をかけるべきか安価で治るならと医学的根拠のない器具を使用するか悩む方もいらっしゃるかと思います。

ここからは、仮性包茎は矯正リングより「手術での治療」を推奨するための理由をお伝えします。

性行為への不安が減る

衛生上の不安や性行為の満足度などから、包茎に悪い印象がある女性は少なからずいます。

男性側もこうした印象を知ってか、女性に包茎ペニスを見られることを不安に感じる方は多いです。


包茎手術をすることで、余剰包皮が無くなり清潔に保たれかつ、カリがあたりやすくなり、セックスに自信が持てるようになった男性はたくさんいます。

医学的根拠から解決できる

医師による専門性のある適切なアドバイス・治療が受けられるという安心や、治療経過も医師に対応してもらえるという大きな安心感があります。

担当医の経験値や術後ケアがしっかりとしたクリニックを選びましょう。

↘︎ あなたにベストな治療法を提案 ↙︎

尿残りや恥垢の心配がなくなる

仮性包茎を手術すると、亀頭が露出できるため尿残りや恥垢の心配がなくなります。

夏に蒸れることなどもなくなるため、仕事終わりや手入れを忘れた際の嫌な臭いの心配から解放されます。

術後しばらくして、日頃の些細な気苦労からの解放を実感できます。

まとめ:仮性包茎用の矯正リングでは根本的な解決にならない

矯正リングは装着することにより、包皮が剥けた状態を維持することができますが、

外すと包皮はすぐに亀頭を覆うようになります。

包茎とはペニスのサイズに対して包皮量が多く余っていることによって起こるため、矯正器具をつけても根本的な包皮の余りを減らすことはございません。

矯正リングでは根本的な解決になりません。仮性包茎を安全、かつ確実に治したいなら、実績豊富な医師の手技による手術をおすすめします。

↘︎ あなたにベストな治療法を提案 ↙︎