You are currently viewing 包茎(ほうけい)手術の費用の相場は?包茎手術にかかる費用を解説します。

包茎(ほうけい)手術の費用の相場は?包茎手術にかかる費用を解説します。

  • 投稿カテゴリー:包茎
The following two tabs change content below.
長年のペニス治療実績と、学会での研究発表を認められた医師のみが認定される日本美容外科学会認定専門医を持つ。多くの外科医を指導する技術指導医でもある。慶応義塾大学医学部卒の医学博士。日本美容外科医師会理事。日本美容外科学会専門医で大手美容外科を経て、銀座長澤クリニック院長となる。 ▶公式サイトURL:https://www.otoko783.com/ci_clinic

包茎(ほうけい)手術の費用の相場

男性の象徴とも言えるペニスですが、大きいほうが男らしいや自信をもって異性と付き合える、温泉などにも堂々と行けるとお考えの方も多いと思います。

また、大きさ以外にも包皮がむけずに亀頭がしっかりと露出できない包茎で悩んでいる方も多くいることでしょう。

ペニスの手術にはさまざまな種類があり、それにともない治療方法や費用も異なります。

保険診療ができるものは「真性包茎」といった、ごく一部の状態で、多くはクリニックによって費用が決められる自由診療となっています。


自由診療は、自己負担額が100%のため保険診療より費用が高額になるというデメリットがありますが、数多くのペニス手術方法をご自身で選択することができるメリットがあります。

ただし、お伝えした通りクリニックはによって費用が異なるため、ペニスの手術をする際には、しっかりとカウンセリングを受けましょう。

費用が事前の説明とホームページの費用が同じかどうか、治療に対しての心配なことをきちんと相談・確認してから治療を受けることをお勧めします。

↘︎ あなたにベストな治療法を提案 ↙︎

仮性包茎(かせいほうけい)の手術の費用の相場

仮性包茎とは、包皮先端に締めつけがなく平常時も勃起時も痛みがない状態で、簡単に皮をむくことができて亀頭を露出できるタイプの包茎です。

亀頭冠(カリ)に少しかかる方から、しっかりと亀頭を覆う被り方までさまざまな状態です。

包茎の状態のままだと不衛生になりやすく、性感染症に感染するリスクがあがる、亀頭の皮膚が敏感なため刺激に弱く早漏の原因のひとつにもなります。

仮性包茎の手術は保険が適用されないため、全額自己負担となります。

費用は、余分な包皮をカットするもので50,000円〜200,000円(税別)あたりが相場となります。


切らない包茎手術というものも存在しますが、亀頭をしっかりと露出したい方は、包茎の原因である余りの皮膚を取り除くことを検討されることをおすすめします。

↘︎ あなたにベストな治療法を提案 ↙︎

嵌頓(カントン)包茎の手術の費用の相場

嵌頓(カントン)包茎とは、包皮先端に締めつけがあり平常時はどうにか亀頭を露出できても、勃起時は包皮の絞扼(締めつけ)により亀頭が最後まで露出ができません。

無理に自分で剥こうとした場合には、一旦皮が剥けたとしても皮が戻らなくなる場合があります。

そのまま放置すると、陰茎の血行不全を起こしますので血行を阻害してうっ血 や亀頭部が壊死( えし) してしまうような危険な状態やそれに近い状態になることがあり、緊急手術が必要になります。

嵌頓(カントン)包茎の手術は状態により保険が適用されるケースとされないケースにわかれます。手術後の傷跡を綺麗にしたいとお考えの方は、自由診療の治療方法を選択されるようです。

費用は、絞扼(しめつけ)除去と余分な包皮をカットするもので150,000円〜300,000円(税別)あたりが相場となります。


嵌頓(かんとん)包茎の方は無理に自力で治そうと試みずに、手術を受けることをおすすめします。

↘︎ あなたにベストな治療法を提案 ↙︎

真性(しんせい)包茎の手術の費用の相場

真性(しんせい)包茎を安全に、確実に治せるのは手術しかありません。

無理に自分で剥こうとした場合には、一旦剥けたものの皮が戻らなくなって、いわゆる嵌頓(かんとん)包茎のような状態になる場合があります。

皮が戻らなくなった状態をそのまま放置すると、陰茎の血行不全を起こしますので血行を阻害してうっ血 や亀頭部が壊死( えし) してしまうような危険な状態やそれに近い状態になることがあり、緊急手術が必要になります。

また、亀頭と包皮の癒着が強い方の場合は、痛みが強くて剥く事すら難しいです。

仮に剥けたとしても亀頭部分が出血をしたり、包皮が裂けたりする事もありますので、真性包茎の方は無理に自力で治そうと試みずに、手術を受けることをおすすめします。

費用は、余分な包皮をカットするもので150,000円〜300,000円(税別)あたりが相場となります。

↘︎ あなたにベストな治療法を提案 ↙︎

包茎(ほうけい)手術の費用の相場は高め

包茎とは、陰茎の亀頭が包皮で覆われたままである状態をさします。

包茎には、真性包茎、嵌頓(かんとん)包茎、仮性包茎があり、真性包茎については亀頭が出ない、嵌頓(かんとん)包茎については陰茎の狭窄(きょうさく)により血行が阻害されるなどの症状があります。


保険適用のある手術方法には、背面切開術と環状切除術があります。

真性包茎、一部の嵌頓(かんとん)包茎の場合に保険医に受診した場合、保険適用があります。仮性包茎の場合には、保険適用はありません。

また、多くの場合、機能的に問題がない仮性包茎となります。

仮性包茎は日常生活を送るうえで支障がないため、性行為や見た目にコンプレックスがある方は自由診療での手術となります。

【ポイント】

自由診療になるため美容外科的技術を用いる亀頭直下切開法で傷跡がきれいで周囲にバレないことを目的に受けることができますが、包茎(ほうけい)手術の費用の相場が高くなる理由にもなります。


そして、なるべく費用を抑えて治療を希望される際は、以下のようなことを確認してから手術を決断するようにしましょう。

  • 担当する医師の顔出し・経歴出ししているか
  • 実際にそのDrが診察や治療を担当してくれるのか
  • ホームぺージや予約時の案内された費用と同じなのか

当院では、患者様の不安・ご希望・疑問点を すべてお伺いし、ベストな治療法をご提案いたします。包茎手術をお考えの方は、ぜひお気軽にご相談ください。

↘︎ あなたにベストな治療法を提案 ↙︎

包茎(ほうけい)手術の費用を安く抑える方法

仮性包茎の場合には保険適用がありませんが、真性包茎、一部の嵌頓(かんとん)包茎の場合に保険診療の病院やクリニックを受診されると保険適用となります。

また、自由診療のクリニックにて治療をされる際はクリニックごとに費用が異なります。

担当する医師の顔出し・経歴出しをされているクリニックのほうが適正価格での治療になっている傾向のようです。

真性包茎とカントン包茎の場合は保険が適用できる

仮性包茎の場合には保険適用がありませんが、真性包茎、一部の嵌頓(かんとん)包茎の場合に保険医にて受診した場合には保険適用があります。

保険診療を希望の場合は、保険診療の病院・クリニックへご相談ください。

↘︎ あなたにベストな治療法を提案 ↙︎

料金の低いクリニックで手術する

包茎手術は保険診療と自由診療があります。

真性(しんせい)包茎や一部の嵌頓(カントン)包茎の状態は保険適用となるため、費用を抑えることができるため、費用を抑えたい方は保険診療の泌尿器科などから探すと良いかと思います。


しかし、仕上がりの美しさや傷跡の目立ちにくさを最優先に求める場合には、自由診療のクリニックになります。

担当医の顔出し、経歴出し、ホームページの費用と実際の費用に乖離がないかなどを頼りに探すと良いかと思います。

包茎手術は何度も受けるような治療ではないため、高すぎる・安すぎる費用に気をつけながらご自身にあうクリニック探しをされることをおすすめします。

包茎(ほうけい)手術はクリニックが1番おすすめ

自由診療でお受けになる方は、傷跡がきれいで周囲にバレないことを目的に受ける方が多いです。

しかし、クリニックによっては亀頭直下法と称して亀頭から離れた位置で皮を切除縫合するクリニックもございます。

これは環状切開法と呼ばれる、保険診療で受けられる手術法ですが、自由診療のクリニックで勤務するにもかかわらず環状切開法しか行えないドクターがおります。

そのようなドクターに担当されると、仕上がりの美しさを考え、保険診療よりも高い金額を支払ったにもかかわらず、傷跡が目立ち汚くて仕上がるという結果になってしまいます。


担当ドクターが亀頭直下法の経験が多いか否かを確認し、依頼する必要があります。

そのためにもホームページにドクターの顔写真、氏名、出身大学や資格などの経歴が記載されているクリニックを選び、診察から手術までそのドクターが担当するかを確認することが大事です。

安全かつ確実に治したいなら、実績豊富な病院・クリニックでの治療をおすすめします。

↘︎ あなたにベストな治療法を提案 ↙︎

包茎(ほうけい)の悩みはクリニック受診へ

包茎の悩みは、1人で抱え込まず、クリニックに相談するのが最も早く解決できるでしょう。

クリニックによっては亀頭直下法と称して亀頭から離れた位置で皮を切除縫合するクリニックもあります。

これは環状切開法と呼ばれる、保険診療で受けられる手術法ですが、自由診療のクリニックで勤務するにもかかわらず環状切開法しか行えないドクターがいたりもします。

そのようなドクターに担当されると、仕上がりの美しさを考え保険診療よりも高い金額を支払ったにもかかわらず、傷跡が目立ち汚くて仕上がるという結果になってしまう。

担当ドクターが亀頭直下法の経験が多いか否かを確認し、依頼する必要があります。

当院では、患者様の不安・ご希望・疑問点を すべてお伺いし、ベストな治療法をご提案いたします。包茎手術をお考えの方は、ぜひお気軽にご相談ください。

↘︎ あなたにベストな治療法を提案 ↙︎