You are currently viewing 早漏(そうろう)の対策方法について。筋トレで早漏は改善・解消される?

早漏(そうろう)の対策方法について。筋トレで早漏は改善・解消される?

The following two tabs change content below.
長年のペニス治療実績と、学会での研究発表を認められた医師のみが認定される日本美容外科学会認定専門医を持つ。多くの外科医を指導する技術指導医でもある。慶応義塾大学医学部卒の医学博士。日本美容外科医師会理事。日本美容外科学会専門医で大手美容外科を経て、銀座長澤クリニック院長となる。 ▶公式サイトURL:https://www.otoko783.com/ci_clinic

「セックスの際、射精が早くて嫌だ」「パートナーが不満に思っていないか心配だ」と悩みを抱えている男性は多いのではないでしょうか?今回は、なかなか人に相談しづらい早漏(そうろう)について解説いたします。

早漏(そうろう)の対策として筋トレなどで早漏が改善・解消されるのか解説していきます。

早漏でお悩みの方はぜひ参考にしてください。

URL:銀座長澤クリニックでの治療に興味のある方はこちら>>

早漏(そうろう)の対策方法をご紹介

早漏(そうろう)の対策法として以下の方法が挙げられます。

ネットで記載の早漏対策として以下の方法が挙げられます。

  • 早漏を治す方法|筋トレ
  • 早漏を治す方法|炭酸水の使用
  • 早漏を治す方法|ゴムをつける

それぞれ解説します。

対策法1:筋トレ

骨盤低筋は体内深部筋肉(インナーマッスル)の1種で、骨盤の底(恥骨、尾骨および坐骨の間)に位置する筋肉です。骨盤底筋を鍛えるトレーニングにより、筋力の低下が原因の早漏(衰弱性早漏)に効果が期待できるとのことです。

対策法2:炭酸水の使用

炭酸には血流を良くする作用があり、炭酸水をペニスにつけることで以下のような恩恵が

受けられるとネットで書かれていました。

  • 勃起力アップ

炭酸水にペニスを漬けることで、ペニスの血流が良くなり力強く勃起させる。

  • ペニス増大

ペニスの血流アップの作用で、今まで行き届かなかった部分まで血流が届くようになり、

ペニスのサイズアップが望めるとのこと。

  • 早漏防止

ペニスが刺激に弱い=早漏。

そのため、炭酸水にペニスを漬ければ、炭酸がペニスを刺激して刺激を慣れさせていき、何回も繰り返せば、刺激に耐性がついてくるとのことです。

ただし、あくまでも自己責任の範囲での方法のため、おすすめはしません。

対策法3:ゴムをつける

性行為時に分厚いコンドームを使う事で刺激を緩和させ、早漏対策ができるとのことです。

性行為時に使うコンドームを厚いものに変える事で刺激を減らし、射精を遅らせる事ができます。

ただし、感度が下がるため行為自体を楽しめるかは想像の通りかもしれません。

早漏(そうろう)は筋トレで改善・解消される?

衰弱性早漏の原因となるPC筋は、意識的にトレーニングすることで鍛えられることができるとのことです。

その最も効果的なトレーニング方法が「スクワット」です。

スクワットは、太ももの内側に位置する内転筋を効率的に鍛えることができる筋トレ。

内転筋はPC筋とつながっているため、内転筋を鍛えることでPC筋も鍛えられるとの内容です。

ただし、スクワットは正しい方法で行わなければ効果が得られないため、注意が必要です。

内転筋を効率的に鍛えたい場合は、通常よりも足の幅を広くして、つま先をやや外側に向けて行うのがポイントになります。

背筋は伸ばした状態で、太ももが床と水平になるまで膝を曲げていき、元の状態へとゆっくりと戻していきましょう。

このような方法でトレーニングすることで、PC筋は鍛えられます。

初めのうちは無理をせずに数回程度に留めて、徐々に回数を増やしていくのがよいかと思います。

また、PC筋は射精をコントロールする筋肉なので、射精の寸止めをするスクイーズ法でも鍛えられます。スクイーズ法は、射精をしそうになったら、亀頭の根本を圧迫することで寸止めするというトレーニング方法です。自慰の際に1人でもできます。

スクイーズ法は、PC筋を鍛えられるため、早漏改善に効果があるのはもちろん、勃起力の向上につなげることも可能です。

筋トレが早漏に対してどの程度の効果があるかはなんとも言えませんが、健康には良いかと思います。早漏の改善には根拠のある手術が最適です。

手術についての詳しい解説は以下の記事を参考にしてください。

参考:早漏(早漏)は病院での治療を。将来のための最適な選択。

早漏(そうろう)の原因とは?

早漏の原因について解説します。

物理的要因

  • 包茎のため

包茎ではない人は、普段の日常生活で亀頭と下着が自然にこすれて亀頭全体が刺激に強く、性交時の射精コントロールがしやすいのに対し、包茎の方は、いつも亀頭が包皮で覆われて保護されている状態のため刺激に弱く、性交時の亀頭への強い刺激によって早漏になりがちです。

また、性交時に包皮が大きく上下するため、包茎ではない人と比べると、ペニスへの刺激が強くなり、早漏の原因となります。

  • 亀頭の刺激に弱いため

亀頭の粘膜が刺激に弱く、敏感なことによるためです。亀頭の粘膜が敏感すぎるため、ちょっとした刺激で射精してしまうケースです。

注射による亀頭強化(増大)治療を受けると、亀頭に膜を一枚敷き詰めたような感覚になり、粘膜が刺激に強くなり、早漏を解消できます。包茎でない方でも早漏に悩む男性にとっては非常に有効な方法です。

  • 陰茎(サオ)が刺激に弱いため

亀頭の場合と同様に、陰茎自体が刺激に弱い場合も早漏の原因になります。

陰茎増大術により陰茎全体に注射材を注入されることで、陰茎全体を刺激に強くなり、早漏が改善します。

  • ペニスの裏スジ(小帯)への刺激を強く感じるため

ペニスの裏スジ(小帯)への刺激を強く感じる場合は、手術で小帯を切除することで、早漏を治療することができます。

心理的要因

  • 個人の脆弱性の要因

心身ともに疲れ、弱っている状態。あるいは過去に性的、精神的虐待を受けたことがある。精神疾患(抑うつ、不安)の併存、失職や死別による強いストレスなどがある。

  • 文化的・宗教的な要因

幼い頃から性的なものを忌み嫌う教育を受けてきたり、性的なものに対する考え方が偏ったりしている。

  • 医学的要因

甲状腺疾患、前立腺炎、薬物の離脱など。

ほかに、下記のように原因を分類する場合もあります。 

  • 気質要因

不安症、特に社交不安症(社交恐怖)。

  • 遺伝要因と生理学的要因

生来型の早漏には、中等度の遺伝的寄与があります。脳内伝達物質に関連する遺伝子「ドパミントランスポーター遺伝子多型」や「セロトニントランスポーター遺伝子多型」のはたらきが早漏に影響している可能性があります。

早漏を改善するには手術が最適

銀座長澤クリニックでは、早漏の治療を行っております。

根拠がわからないネット情報は、なにかあっても自己責任となります。

早漏を手術的な方法で根拠をもって改善したいと思われる方はクリニックに相談のうえ、

ご自身にあう包茎手術やヒアルロン酸注入、小帯切除などで敏感な部分を直接改善されることが最適です。

参考:早漏(早漏)は病院での治療を。将来のための最適な選択。

早漏にお悩みの方はクリニック受診へ

早漏の対策法について解説しましたが、参考になりましたでしょうか。

銀座長澤クリニックでは、早漏の治療を行っております。

早漏を手術的な方法で解決できるクリニックにご相談ください。

病院での早漏手術は、以下のような方法があります。

  • 手術方法①:包茎手術

包茎の方は、いつも亀頭が包皮で覆われて保護されている状態のため刺激に弱く、性行為時の

亀頭への強い刺激によって早漏になりがちです。

また、性交時に包皮が大きく上下するため、包茎ではない人と比べると、ペニスへの刺激が強くなり、早漏の原因となります。

そのため、包茎手術により刺激に弱い包皮を取り除くことで早漏を改善することができます。

  • 手術方法②小帯切除

亀頭の裏側に、亀頭と陰茎をつなぐ細長の小さなひも状の帯があります。これは包皮

小帯(ほうひしょうたい)と呼ばれ、この箇所が非常に敏感で早漏の原因となっている場合が

あります。小帯切除術は、文字通りこの小帯部分を切除することで早漏を解消する治療法となります。

  • 手術方法③ヒアルロン酸注入

亀頭(カリ)を中心にヒアルロン酸を注入し、亀頭の皮膚に膜を作り刺激の保護をします。

ヒアルロン酸が注入されると膜を一枚敷き詰めたような感覚になり、早漏防止が期待できます。

早漏にお悩みの方は様々な方法にて改善できます。

お気軽にご相談ください。

最後まで読んでいただき有難うございました。

URL:銀座長澤クリニックでの治療に興味のある方はこちら>>